ブログ

2023年03月17日2023年09月29日
えがお爪工房

やさしいネイルがしたい方へ

こんにちは。えがお爪工房の小森さくらです。

当店にご来店されるお客様にも、過去にジェルネイルをやっていたという方が多くいらっしゃいます。

 

その方々のお話で多いのは 「ジェルネイルで爪が傷んだ」 というお話です。

 

では爪を傷ませないネイルとはどんなネイルでしょうか。

 

 

 

 1. シンプルなネイル

 

 

シンプルさが負担軽減に

ジェルネイルをする際に、パーツなどをのせてゴージャスなアートをするとパーツをとれないようにハードジェルで固定する必要がでてきます。

 

そうなると爪にのせたジェルが厚くなるので、ネイルをオフする際に使用する溶剤を長めにつけることになります。

 

溶剤のつけすぎはお爪の乾燥につながってくるので、つける時間は短いほうが爪には良いです。

 

シンプルなネイルというのは一色塗りや、小さなストーンなどがワンポイントでついているネイルのことをいいます。

 

 「シンプルなネイルはオフの際にその時間が短いので、比較的爪に優しい といえます。

 

 

 

 2. 爪を削らないネイル

 

爪は薄く削っても負担がかかる

ジェルネイルは爪と密着させるために「サンディング」といって爪の表面を薄く削るサロンが多いです。

 

この工程を踏まないと、ジェルによっては爪から浮いてしまうことがあります。薄く削るとはいえ長年やり続けると少しずつ爪に負担がかかる方も出てくると思います。

 

そんな心配がある方のために、当店では 「シェラックやオールインワンジェルというノーサンディングのジェルもあります。 

 

 

 

 3. シールのように剥がせるネイル

 

簡単にオフができるのがポイント

先に言ったようにジェルネイルはオフのときの負担が大きいです。

 

その負担をより減らすピールオフジェルというものがあります。

 

ウッドスティックやオイルを使いながら優しくシールのようにジェルをとることができるので、爪を傷つけずに簡単にオフすることが出来ます。

 

通常よりも水仕事が多い方はネイルのもちが悪くなるおそれがありますが、 「短い間ネイルを楽しみたいという方や、オフに来るのが難しい方には向いているジェル だと思います。

 

 

 

ご紹介した3つのネイルで共通して言えるのは、 「ネイルをしていてもキューティクル周りや手の保湿をすることが大切 ということです。

 

ホームケアをすることで健康的にジェルネイルを楽しむことができます。

 

そして、 ご自身の生活環境にあったジェルネイルの方法を選ぶことが、爪を傷めずネイルを楽しめることに繋がります。 

 

 

まとめ
  1. シンプルなネイルはオフの際にその時間が短いので、比較的爪に優しい
  2. シェラックやオールインワンジェルというノーサンディングのジェルを使ってみる
  3. 短い間ネイルを楽しみたいという方、オフに来るのが難しい方にはピールオフジェルがオススメ
  4. ご自身の生活環境にあったジェルネイルの方法を選ぶことで、爪を傷めずネイルを楽しめる

 

【あわせて読みたい】

ネイリストがおススメする!爪の扱い方と日常のケア

【爪のお悩み】 爪の縦スジってなぜ入る?お手入れ方法は?

 

 

人気記事TOP5