ブログ

2023年02月10日2023年09月29日
えがお爪工房

ネイリストがおススメする!爪の扱い方と日常のケア

こんにちは。えがお爪工房の小森さくらです。

キレイに爪を伸ばそうとしても、すこしの衝撃で爪に亀裂が入って折れてしまい、気持ちも折れてしまうなんてこともありますよね…

 

そこで、今回は 爪の扱い方と日常のケア についてです。

 

 

 

 1. 爪の亀裂の原因

 

 

原因は様々あるが……

亀裂の原因としては「爪の乾燥」「爪が薄くなってしまっている」などがあります。

 

「ケラチン」というタンパク質が不足することで爪はもろくなり、折れやすくなります。

 

ケラチンの形成に欠かせないビタミンAを多く摂るなど根本的な改善も大事ですが、
 日常生活の爪の扱いかたを見直すことも大切です。 

 

 

 

 2. 爪をこんな風に使っていませんか?

 

爪の使い方の見直しを!

みなさんはこんな風に爪を使っていませんか…? 

テープを剥がすときに爪でカリカリしている

ダンボールをあけるとき爪をカッター代わりにしている 

窓枠に爪をひっかけて窓を開けている 

靴を履く時に指先を靴べら替わりにしている 

 

これらは すべて爪に負担がかかる行動 になります!

 

爪を道具のように扱うと亀裂が入るだけでなく、爪の根元にダメージが加わると爪がガタガタに生えてきてしまいます。

 

爪をキレイに伸ばしたいという方は、 まずは日常の指先の使いかたから見直してみましょう。 

 

指先を気遣った手元の動きは、手全体をキレイにみせてくれますよ。

 

 

 

 3. オススメのケア方法

 

しっかり保湿

次に、私がおすすめする日常的にできるケアの方法をご紹介します。 

 

爪はお肌と同じように 乾燥が大敵 です。

 

とは言えまだまだ手を洗う回数が多いので乾燥はつきものですよね。
ハンドクリームを塗ってもぬっても洗い流れてしまい、勿体無い気もしますね……

 

 

私のオススメは、 プチプライスのポンプ式ハンドクリームやポンプ式の化粧水などを手洗い場の近くに置くようにすること です!

 

ポンプですぐに手に出せますし、価格がお高いハンドクリームに比べると心おきなくたっぷり使えます。

 

また、 家事をするときはゴム手袋を着用すること をおすすめします。

 

ここにプラスで着用前の手にたっぷりとハンドクリームを塗って、
その上に使い捨てのビニール手袋をかぶせてからゴム手袋をすると、
 スチームパックのようになり爪も手もしっとりとします。 

 

簡単な「ながら美容」をお試しください♪ 

 

 

まとめ
  1. ケラチンの形成に欠かせないビタミンAを多く摂る
  2. 爪に負担がかかる行動をしない
  3. ポンプ式ハンドクリームやポンプ式の化粧水などを手洗い場の近くに置く
  4. 家事をするときは「ゴム手袋を着用する

 

【あわせて読みたい】

シニア世代の女性は、なぜネイルサロンに通う?

【爪のお悩み】 爪の縦スジってなぜ入る?お手入れ方法は?

 

 

人気記事TOP5