ブログ

2023年08月04日2023年10月16日
えがお写真館

眉が整えばそれだけでメイクが素敵にみえる!!

こんにちは、えがお写真館です。

 

メイクに関するお悩みで一番多いパーツは「眉」です。

 

左右の高さが違う、ぼさぼさに見える、薄く見える、整え方がわからないなどお悩みはさまざまです。

 

今回はそんなお悩みの中で、眉メイクのベースになる眉の整え方をお伝えしていきます。

 

 

眉を整える時は

 

眉は理想の形の眉を描いてから整える

 

描く前に整える場合は、あきらかに長い部分だけを整える

 

が基本のルールになります。

 

眉を描いていない状態で整えてしまうと、本来必要な部分の毛を切ってしまったりしてしまい自眉に穴があいたりなど、眉が描きづらくなってしまったりしてしまうので要注意です!

 

 

眉を描く時は美しいとされるバランスを基準に自分の眉の形がそれに対してどうなっているか、を確認し設計図のようなものをまず決めることが重要です。

 

 

〈眉の理想のバランス〉

 

・眉頭の位置

目頭の真上より2〜3mm内側

 

 

・眉山の位置

黒目の外側と白目の終わりの間

 

 

・眉尻の位置

小鼻と目尻の延長線上

 

 

このバランスを基準に描いていきます。

 

あとは「眉頭と眉尻の高さが同じ」ことを意識して描くとより素敵な眉に仕上げることができます。

 

 

眉が描けたらこの段階で眉を整えていきます。

 

 

眉を整える際は基本的には抜いてしまうとはえてこなくなってしまうことがあるので抜かずに、はさみでカット、もしくはシェーバーで剃る方が良いと思います。

 

①眉下〜まぶたの毛をシェーバーで処理していきます。

 

②眉頭の毛をカットしていきます。

 

眉頭の毛は下から上に向かってはえているので、カットする時も下から上に梳かして描いた眉からはみだした毛をカットします。

 

③眉山〜眉尻の毛をカットしていきます。

 

眉山〜眉尻の毛は上から下に向かってはえているので、カットする時も上から下に梳かして描いた眉からはみだした毛をカットします。

 

整え終わったら最後にスクリューブラシで眉全体を整えて最終確認します。

 

描いた眉からはみだした部分をカットし、切りすぎないことが大事です。

 

眉山の上の部分は1本切るだけで眉の形が凹んで大きくかわってしまったり、切ってもその下の筋肉のつきかたよって影ができて暗く見えてしまったりと次の日眉を描く時に描きづらくなってしまうので、迷ったら切らない方が良いです。

 

眉を整える時は

 

整える前に描く」「描いた眉からはみだした毛を切る

 

を基本ルールにしていただければ失敗することはなく眉を綺麗にすることができます。

 

 

眉は顔の額縁と言われるほど大事なパーツです。

 

眉さえ決まっていればそれだけでメイクが上手な人に見えるので、メイクに苦手意識がある方も眉のメイク是非トライしてみましょう!!

人気記事TOP5