ブログ

2023年06月05日2023年11月07日
えがお美容室

【シニアメイクのプロが解説】シニアが輝くアイメイク方法

最近、今までしてきたメイクがしっくりこなくなったと感じている方もいるでしょう。

それでも、 年齢に合ったメイクを覚えることで、自然の美しさを引き出すことが可能です。

 

そこで、シニアメイクのプロである船津有史氏から、「シニアが輝くスキンケア&メイク」のコツを解説してもらいます。

 

今回は、「目元に明るさをプラスするアイメイクの方法」をご紹介します。

 

船津氏はアイメイクの重要性について、こう語ります。

 

「年齢を重ねると目尻が下がり、目元の輪郭がはっきりしなくなってきます。 アイメイクをすることでキリッと引き締まり、いきいきとした目元を作ることができます」

 

年齢に合ったアイメイクの方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

【監修者プロフィール】

船津有史(ふなつ ゆうし)

都内及びニューヨークで美容師として活動。その後、雑誌・広告やアーティストなどのヘアメイクを経て、2017年に東京・巣鴨のシニア専門スタジオ「えがお写真館」にヘアメイクアップアーティストとして参画。2019年より、系列の「えがお美容室」にてディレクターも務めている。近著に『悩みがぶっ飛ぶ 50代からのヘア&メイク術(扶桑社)』がある。

シニアメイクのプロが教えるアイメイクの手順とポイント

アイメイクは、以下の手順で行っていきます。

 

 

 

 

それぞれのポイントを確認していきましょう。

 

まずはアイシャドウで目に奥行きと立体感をプラス

 

 

まずは、まぶたにアイシャドウを塗り、目元に奥行きと立体感をプラスしていきます。

はじめにまぶた全体に塗るアイシャドウの色は、まぶたのくすみを抑える、パールの入った明るいベージュがおすすめです。

次に、先ほど塗ったアイシャドウより、少し暗めの色のアイシャドウをまぶたの下半分ぐらいに重ねましょう。

 

濃淡2色のアイシャドウを少し重ねたことでグラデーションになり、まぶたに立体感が生まれました。

 

 

アイラインで輪郭をはっきりさせる

 

 

アイシャドウを塗ったら、次はアイペンシルを使って目の縁にアイラインを引きます。

 

アイラインを引くことで、目元の輪郭をはっきりさせます。

 

アイラインを引く際は、まぶたを持ち上げて、まつ毛の間を埋めるように少しずつ描いていきましょう。

このとき、線を引くというより、点を打つイメージで描いていくことがポイントです。アイペンシルの先を上に向け、下から描いてください。

アイラインを目の縁に引くことで、メイク前よりも目の輪郭がはっきりします。

 

 

まつげカーラーでまつ毛を上げて瞳に光を

 

 

次は、瞳に光が入るように、まつげカーラーでまつ毛を上げます。

まつげカーラーを使うときは視線を少し下げ、根元から毛先まで数回に分けて挟んでいきましょう。

 

力を入れてまつ毛を挟むと、まつ毛に負担がかかってしまうため、力が入らないように注意してください。

 

まつげカーラーでまつ毛を上げたことで眼に光が入り、明るい印象になりました。

 

 

最後にマスカラ

 

 

 

最後に、マスカラを塗ります。

 

あらかじめマスカラ下地を塗っておくと、まつ毛が下がらず、マスカラの色が下まぶたにつきにくくなります。

マスカラ下地の上に、黒のマスカラを重ねていきましょう。

根元から左右に、マスカラのブラシを動かします。

マスカラは、ブラシのヘッドが細くて小さいタイプを選ぶと良いでしょう。

年齢を重ねていくと、まつ毛自体が短くなっていく傾向にあります。

ブラシのヘッドが細くて小さめのマスカラのほうが、短いまつ毛もしっかりキャッチし、しっかり塗れるため、おすすめです。

 

マスカラを塗ると、まつ毛にボリュームが生まれ、印象的な目元に変わります。

 

 

目元が明るくなると顔がイキイキしてくる

 

 

まつげが上がることで、瞳に光が入り、明るい目元になります。

 

目元が明るくなると、顔の印象全体が生き生きしてくるものです。

 

時間がない時は、まつ毛カーラーでまつ毛だけでも上げるようにしましょう。

 

目元が輝き、気分も明るくなりますよ。

 

 

 

人気記事TOP5